スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カール・テオドール橋から哲学の道へ

 2017-01-06
2015年ゴールデンウィークのお休みを利用して
ドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

2015年5月1日(金) 午後
ふらふらと歩いていたら、カール・テオデール橋に来ていました。

橋にある“カール・テオドール”の石像を写真に収めて
カール・テオドール橋20150501  カール・テオドール橋20150502

ハイデルベルク城の対岸の山の中腹には哲学の道があるとのこと。
橋を渡り対岸へ行ってみます。

カール・テオデールから見た景観
カール・テオドール橋20150503

ハイデルベルクの哲学の道。
その昔ヘーゲルやカントが散策をした道だったことからその名がついたそうです。
ゲーテ、ニーチェなどの偉人も思索をめぐらせながら歩いたらしいです。

哲学の道から旧市街の街並みやハイデルベルク城の眺めが素晴らしいため、思索にふけるというよりも眺めを楽しむ人たちが歩いていきます。

橋の向う側へ渡り、↓の標識の左に小道があり、急な坂道を登っていきます。
哲学の道1

雨も止んでいるので、この後、頑張って上まで登りました。
哲学の道2  哲学の道3

急な坂道、きつかったのですが、対岸がよく見えます。
哲学の道5
哲学の道6
この後、雨が再び降ってきそうな気がして、登ってきた道を今度は下ります。
雨が降った後なので、滑りそうになります。

日が暮れる前に帰りたいので、旧市街地を探索しつつ
ハイデルベルク駅へ向かいます。
すぐ着くだろうと思っていたら、遠かった。
迷いながら20分以上歩き、くたくたです。

↓このオブジェの右手に駅がありました。
哲学の道7
フランクフルトへ戻る電車に乗ります。後はホテルへ戻るだけです。

それでは 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://daybydaydreamdairy.blog.fc2.com/tb.php/89-d826fefb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。