スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

3泊0日メルボルン旅行 ❶

 2017-01-12
2017年1月1日 那覇から羽田へ向かいます。

メルボルンは南半球で、気候は夏のはずだが、旅行先の天気を調べたら


沖縄より寒いじゃない。
着ていく服装を悩みました。

寒いのが苦手な私は、防寒対策をしなくてはなりません。
日帰り なので、荷物は持ちたくありません。
暑かったら脱げるようにと、夏服の上に冬服を重ね着します。

夜が少し明け始めたおもろまち駅です。


朝が早いのに乗客多数、殆どの方はスーツケースを持ってます。皆目的地は那覇空港。

那覇空港駅に着いて、人がいなくなった車両を撮ってみました。


空港ターミナル建物に入る前に、振り返ってモノレールの駅を見ます。
初日の出が昇ってきているようです。きれいな朝焼!
太陽は建物に隠れて見えないけど、初日の出です。


那覇空港の自動チケット発券機。


本日満席、協力依頼の案内が出ています。


チケット発券の後
那覇空港国内線旅客ターミナル|ラウンジ華~hana~に行くとオープン前でした。


空港食堂もまだオープンしていません。


セキュリティーゲート混雑のため、早めの通過を促すアナウンスがあります。

入れることがあるかな。
「ANA SUITE LOUGGE」 を眺めた後、セキュリティーゲートを抜け、搭乗ゲートに向かいます。


↓ここには入ることが出来るようにこれから修行です。

今年の冬は本当に暖かい(暑い)です。


優先搭乗が始まりました。
ダイヤモンドは1名。その次の優先搭乗は30名以上。


お世話になる飛行機の写真



いよいよ出発です。

Posted from for iPad

スポンサーサイト

ハイデルベルク帰りの電車

 2017-01-11
2015年ゴールデンウィークのお休みを利用して
ドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

2015年5月1日(金) ハイデルベルク帰りの電車

メーデーのイベントに参加したのか、同じシャツを着ていたり、同じ旗を持った
グループや家族づれで、帰りの電車はいっぱい。

どんなイベントだったのかしら。皆楽しそうな表情です。
自分達の降りる駅に着くまで、ずーと歌っていました。
(乗客は、フランクフルト駅まで乗っている人が多かった)

小さな子も楽しそうに歌ってます。
うるさい歌声ではなく、心地よい響きの歌声でした。

同乗している他の客もつられてしまったのか、一緒に歌ってましたよ。

人が多くて写真は撮れていませんが、

メロディーが分かっていたら、一緒に歌ったかも、、、、 
つい、フン、フン、フンと口ずさんでしまったよ 

帰りの電車の楽しい出来事でした。

それでは 

3泊0日 メルボルンSFCフライトの理由

 2017-01-08
こんにちは
2017年はANAの上級会員、SFC会員になる為のポイント稼ぎに、1月1日より3泊0日でメルボルンへ行ってきました。

利用したのはエアチャイナ(中国国際航空会社)のビジネスクラス。

料金も低年収の私が届く範囲。
購入時期によって多少金額が違いますが、約15万円で購入

エアチャイナはスターアライアンスメンバーに入っていますので
ANAのプレミアムポイントを付けることができます。
ビジネスクラスだと付与ポイントも多いです。

SFC修行紹介のブログでも、北京経由メルボルンフライトの路線は多く取り上げられています。

ビジネスクラスに乗ったことのない私は、ビジネスと聞いただけでワクワク。
昨年の夏の終わりに購入しました。

11月頃に数千円安くなっていて、ちょっとショックでしたが。(笑)

表題の、3泊0日 メルボルンSFCフライトの理由 は
ただ単に休みが取れないからです。😝

連続の休みは正月三が日しか取れません。
この後、GWまでは連続の休みは取れないのよ。😭

休みがあれば、絶対宿泊します。海外旅行は数日滞在して楽しみたいですよね。
イミグレーションでも何も言われない。
(メルボルンでほんの少し足止めされたんです)

出発前夜の大晦日、お昼過ぎまでお仕事をして、夜は友人宅で年を越し、家へ帰って来たのは午前1時頃。
旅立ちの準備はほとんどしてなかった。(^◇^;)

少し仮眠をした後、小さなバックに取り敢えずの荷物を詰めて、午前7時前に家を出ました。

那覇から羽田に行き、成田へ移動して北京へ行きます。

今日は長い1日になりそうです。






3泊0日 メルボルンSFCフライトの理由 の続きを読む

カール・テオドール橋から哲学の道へ

 2017-01-06
2015年ゴールデンウィークのお休みを利用して
ドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

2015年5月1日(金) 午後
ふらふらと歩いていたら、カール・テオデール橋に来ていました。

橋にある“カール・テオドール”の石像を写真に収めて
カール・テオドール橋20150501  カール・テオドール橋20150502

ハイデルベルク城の対岸の山の中腹には哲学の道があるとのこと。
橋を渡り対岸へ行ってみます。

カール・テオデールから見た景観
カール・テオドール橋20150503

ハイデルベルクの哲学の道。
その昔ヘーゲルやカントが散策をした道だったことからその名がついたそうです。
ゲーテ、ニーチェなどの偉人も思索をめぐらせながら歩いたらしいです。

哲学の道から旧市街の街並みやハイデルベルク城の眺めが素晴らしいため、思索にふけるというよりも眺めを楽しむ人たちが歩いていきます。

橋の向う側へ渡り、↓の標識の左に小道があり、急な坂道を登っていきます。
哲学の道1

雨も止んでいるので、この後、頑張って上まで登りました。
哲学の道2  哲学の道3

急な坂道、きつかったのですが、対岸がよく見えます。
哲学の道5
哲学の道6
この後、雨が再び降ってきそうな気がして、登ってきた道を今度は下ります。
雨が降った後なので、滑りそうになります。

日が暮れる前に帰りたいので、旧市街地を探索しつつ
ハイデルベルク駅へ向かいます。
すぐ着くだろうと思っていたら、遠かった。
迷いながら20分以上歩き、くたくたです。

↓このオブジェの右手に駅がありました。
哲学の道7
フランクフルトへ戻る電車に乗ります。後はホテルへ戻るだけです。

それでは 

SFC修行

 2017-01-04
ドイツの記事が書けていないのですが、2017年はANAに乗って
SFC修行を目標にしています。

SFC会員(ANA)になると、国内線のラウンジが使えるのよね。
スーパーフライヤーズ会員の特典|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

沖縄に住んでいる私にはとても嬉しいメリットです。

海外から地元に戻るとき、国内線の乗継時間が来るまで、待合室で待ちますが、待ち時間が長いと疲れがとれず、逆に疲れが増大します。

2014年にJGC会員(JAL)になって、乗継時間にラウンジを利用してみると、体を休めて疲れを多少取る事ができました。
メリットに感激、感謝です。

プライオリティーパス【空港ラウンジプログラム | Priority Pass】は持っているので、SFCやJGCの会員でなくても、国際線では航空会社のラウンジが使えたりしますが、ユナイテッド航空のラウンジは、プライオリティーパスでは利用できなくなりました。(2015年5月15日からかな)
それに国内線では航空会社のラウンジは使えないです。(カードラウンジは使えるが)

アメリカに行くときはユナイテッド航空を利用する事もあります。
ANAのSFC会員になると、同じスターアライアンスのユナイテッド航空も、ANAの国内線や国際線ラウンジが使えるのよね。

国内線のフライトでもラウンジ利用ができることもあり、2017年に思いきって実行する事にしました。

昨年(2016年)夏前から少しずつ情報を調べていました。

JCGとは違うことも沢山あるので、情報提供いるブログなどを参考にしてフライトプランを考えました。
3月までにブロンズを、夏までにプラチナを目指します。

2017年、元旦より既に実行しています。

新しい道ができるかな。酉年の今年、楽しみながら飛びます。🕊

Posted from for iPad .,

明けましておめでとうございます。

 2017-01-02
一昨年のGWのドイツ旅記、持ち越してしまいましたが (⌒-⌒; )
何とか書き上げていきます。
今年も宜しくお願い申し上げます。



Posted from するぷろ for iPad .,
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。