那覇空港から成田へ

 2015-05-24
こんにちは
2015年ゴールデンウイークにドイツフランクフルトへ行ってきました。

4月28日(火)出発前日、
仕事や用事を終えて、帰ってきたのが午後11時過ぎ。
荷物はこれからパッキングします。

フランクフルトの平均温度は19度とのこと。寒いですね。
20度以下は沖縄は冬、冬の気温ですよ。

寒さの苦手な私。衣類は冬仕様で準備。
天気予報も確認すると、あいにく雨と曇り。
仕方ありませんね。後は晴れるのを祈るばかりです。

午前3時過ぎまで、パッキングに手間取りました。

少し仮眠をして  

4月29日(水)
午前10時に自宅を出発です。

モノレールのおもろまち駅まで、バスで移動。
いつもの風景です。
20150501.jpg

チケットを購入して、改札機の挿入口に入れようとすると
挿入口がありません。焦ってしまいました。

しばらく利用しない間に、QR読取機に変更になっていましたよ。
昨年の10月から変更のようです。

那覇空港、ゴールデンウイーク初日なので、混雑を予想しておりました。
それほどの混雑ではなかったのですが、こちらを利用させていただきました。
相変わらずのボケ写真、ご容赦ください。
20150502.jpg

荷物を預けた後、空港食堂で昼食を頂きました。
ちゃんぽんです。
沖縄のちゃんぽんは麺ではなく、ご飯の上に卵でとじたおかずをのせたものです。
20150503.jpg

保安検査場前に看板がありました。
20150504.jpg

ゴールデンウィーク初日と言っても、明日は祭日になってないためか、出発フロアも
混雑はしてません。
さくらラウンジも空席があります。時間帯によって混雑頻度が異なるようです。
20150506.jpg 201505056.jpg

ラウンジにて、お昼のビールを一口頂きました。
(飲んだ後の写真ではありませんよ
     20150507.jpg
以前は、いくら飲んでも表情に表れず、かなり酔っていても、
「飲んでいないのね」と言われてました。

40を過ぎたころから、アルコールが入ると顔が赤くなります。
昼間から赤い顔でいるのは恥ずかしいので、アルコールは控えます。


さて、今回のフライトは
那覇 → 羽田 → 成田(一泊) → フランクフルト
となっています。

羽田空港から成田空港への移動は、いつもリムジンバスを利用してますが、今回は電車で移動します。
チャレンジです。
沖縄はモノレールしかないので、電車の乗り方には不慣れです。
前もって調べている乗換なしの京成電鉄を利用予定。

出発ロビーの21番ゲート近くに、電車のチケットの自動販売機があったような?
確認のため、少し早めに搭乗口へ行きます。

20150509.jpg 20150508.jpg

モノレール利用の販売機でした。販売中止になっています。
20150510.jpg

羽田行の搭乗口は26番、搭乗が始まりました。
20150511.jpg
20150512.jpg  20150513.jpg
羽田までお世話になる飛行機にご挨拶して乗り込みます。

クラスJ席は満席で取れませんでしたので、普通席です。
席は15列目、足元広々のシートでびっくりしました。

非常口席ではないのに、足元が前のシートに届きません。
20150515.jpg  20150514.jpg
機材に詳しくないので、思わず非常口席!と思いましたよ。

自宅から空港へ向かうときは曇り空でしたが、お昼前から雨となりました。
窓の外、雨です。これから離陸します。
20150516.jpg
飛行機の向こう側に客船が霞んで見えます。
20150517.jpg
着陸するANA機です。
20150518.jpg
JAL機も着陸していきましたが、写真は撮れませんでした。

豊崎上空から雲の中へ入り
20150519.jpg
雲を抜けると
20150520.jpg
羽田空港です。
20150521.jpg  20150522.jpg
20150523.jpg  20150524.jpg
20150526.jpg  20150525.jpg

東京の天気は晴れ、青空が広がっています。

預けた荷物を受け取って到着出口を出てから、地下1階の電車乗り場へ。
20150527.jpg

乗車チケットは販売機で購入できますが、間違えてしまいそうなので、窓口で購入。
乗車ホームと時間を教えてもらいました。
20150528.jpg  20150529.jpg

チケット購入のとき
「同じホームに別の電車が入ってくるので、間違えないでね。次の成田行きは16:22の電車ですよ。」
と説明を受けました。
同じホームに、時間差で別の電車が入ってくるのは、普通、当たり前でしょうね。

モノレールしかない沖縄です。
進行方向はすべて同じ、那覇空港方面と首里方面のみです。
時間によって違う方向へ向かう電車が来ることはありません。

ホームの見方や利用など、とても不慣れな私。
フランクフルトでは、電車の乗降はハプニングの連続でした。

この日は、間違えることなく電車に乗り、成田空港第2ターミナルで下車。
20150530.jpg

改札口を抜けて、ホテル無料送迎バス停の33番へ向かいます。

今回の宿泊先は
【ホテル日航成田】 です。

バスに乗り込む時間は、もう夕闇が迫っています。
20150531.jpg

続きます。

ご訪問いただきありがとうございました。

ヨーロッパ訪問は二度目

 2015-05-19
こんにちは、
2015年ゴールデンウィークのお休みを利用してドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

当初はフランクフルト市内でゆっくりと過ごそうと考えておりました。
ドイツ旅行ブログなどを参考にしながら調べていくうち、短い日程なのに行きたいところが沢山増えてきました。

ヨーローッパ旅行は二度目、ドイツは初めて。
ドイツ旅行を計画しながら、初めてヨーロッパ旅行した時の事が蘇ったりしてました。

20代後半
1986年3月、あのチェルノブイリ原発事故の悲劇が始まる一ヶ月前。
バックパッカーを真似ての旅行でした。

毎日、家と職場の往復、彼とも別れてちょっと疲れていた、
そんな日々を解消したいと考えていた頃、
ある書店で見つけた『ヨーロッパ鉄道旅行』がきっかけでした。
ヨーロッパは鉄道網がよく、列車で気軽に各国訪問ができるとのこと。

[旅行に行こう、気分転換しよう!自分探しをしよう、]

沖縄県から出たことがないのに、本土(内地)旅行を飛ばして、
海外へ行くことにしたのです。
しかも、団体ツアーでもなく、個人旅行です。

【卒業旅行】と称して学生たちがバックパッカーで旅行していることを知り
それを真似て、一ヶ月程のバックパッカー擬きの旅行。

勤めていた会社は、退職をするつもりでしたが、辞めなくていいからと、お休みをくれました。(感謝)

そのときは『地球の歩き方』という有名な本を利用し、ホテルの手配などは郵便でやり取りをしながら計画。

今はネットで、情報検索や問い合わせが、あっという間にできる。
便利な環境にいることに感謝です。

今回の旅行は、
訪問したいと思いながら 数十年過ぎましたが、
その時に訪問できなかったドイツへ。

旅行日程は
初日:沖縄発成田へ
2日目:フランクフルトへ
3日目:ハイデルベルク観光
4日目:ライン川クルーズとケルンへ
5日目:帰国

という短い期間。

荷物を持っての移動は大変なので、フランクフルトで宿泊しながらの観光です。

そうだ!ドイツへ行こう

 2015-05-12
1月頃ですが
昨年はフランクフルトはポイント加算が多かったはず
(成田/フランクフルト線で「ダブル FLY ON ポイントキャンペーン」)
今年もあるのかなと、JALのHPでチケット検索。
あいにく今年はキャンペーンはありません。

検索ついでに
ゴールデンウィーク期間の前後に、会社も休暇期間に入る予定です。
そのときに海外旅行に行きたいなあ、

ヨーロッパの各都市へのチケットを検索。
期間中はやはりチケットは高いですね。

ゴールデンウィーク期間を外せばチケットは安いのね。

ゴールデンウィークは何処も人がいっぱいだし、旅費も高いので
この期間は外出せず、片付かない仕事や掃除に励みましょう。

いったん諦めましたが、まとまったお休みを他の月に取るのは厳しい。

安いチケットはないかしら、と再び検索をしてみると
4月30日~5月3日の短い期間ですが、費用は安いようです。

JALダイナミックパッケージだと、購入しても3月末までキャンセル手数料はなし。
短い旅行期間ですが、帰ってから2日間は休めますよ。

ゴールデンウィーク前後の会社休暇はまだ決定していません。
会社休暇がない場合に、有給申請しても取れるかまだわかりません。

もし、お休みが取れないときは、キャンセルすればいいやと、購入しました。
フランクフルト2

購入後、燃油サーチャージが、2月から安くなることを知って
1月に購入したJALダイナミックパッケージをキャンセル。
2月になって、購入しようとしましたが、4月になってからも燃油サーチャージが安くなるのね。

4月まで待って購入しようと思いましたが、ゴールデンウィークは早めに空席がなくなる可能性が高い。
早い時期に購入したほうがチケットは安いのよね。

色々調べていくうちに、ダイナミックパッケージより、チケットだけの購入がマイルは多く貯まりそう。
料金も、ホテルを別手配してもあまり相違はない。

ただ、個人手配チケットは予約後1週間以内に購入しなければなりません。
そして購入後はキャンセル手数料が発生します。

チケット予約の取り直しをしていけば、
燃油サーチャージが変更になる4月に購入できるのではと考え
個人手配でチケットを購入しようと
予約とキャンセルを数回繰り返してました。
(航空会社の予約システムに迷惑かけたでしょうね)

3月初旬に空席が少なくなり、チケットも次の予約を取り直しすると数万円高いチケットとなってしまう。
ついにチケットを3月に購入しちゃいました。

会社のお休みも決まっていない時期です。
キャンセルした場合は手数料も発生します。

これは、何が何でもお休みを取って行かなければなりません。

ということで、チケットはキャンセルすることなく、
ゴールデンウィークにドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫