3年前の旅行記になります。

 2018-10-20
記憶が薄れているので、記録を探しつつの記事なります。

2015年ゴールデンウィークのお休みを利用して
ドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

過去の旅行記ですが、お付き合いください。

2015年5月3日
リューデスハイムの午前9時のラインクルーズの船に乗り遅れました。

時刻表をよく確かめもせず、11時の便があるかと思いましたが、日によって出発時間が変わったりするみたいです。

次の出発は、午後2時15分。数時間待たないとなりません。
リューデスハイムを探索する時間ができました。

たしか、【つぐみ横丁】と言われる小路が有名だったような。

ブラブラと歩いてみるが、どの小路も似たような雰囲気。
どの路が、つぐみ横丁なのかわかりません。
帰国してから調べたら、
写真の矢印の看板がかかっていた小路が
つぐみ横丁でした。





ゴンドラ乗り場に来ました。




ポッパルトでゴンドラに乗る予定でしが

ここでゴンドラに乗ることにしました。

人がほとんどおらず、待ち時間はありません。

頂上に着いてしばらく探索します。

少し歩き疲れたので、降りることにしました。

ゴンドラに降りると、大勢並んでる。

わずか1時間足らずでこの人混み、驚きです。

疲れているので早めの昼食。
ホワイトアスパラ、

量が多すぎてたべきれません。

ビールを飲んでしまったために眠気が襲ってきます。
眠気に勝つため、再びブラブラします。

やっと乗船の時間が来ました。

船着場は大勢の人がいます。





Posted from for iPad

プレミアムカード届く

 2017-08-26
日の入りが少しづつ早くなり、夏が過ぎていこうとしてますが、まだまだ暑い日が続いています。

シドニー旅行後にプラチナ達成したとのメール通知があり、しばらくしてプレミアムカードが届きました。



これで、スーパーフライヤーズカードの入会申し込みができるのですね。
カードを眺めて一人ニヤニヤ😄

スーパーフライヤーズカード入会案内書も届くと思ってましたが、請求しないと届かないようです。

プラチナ資格がある間に申込をすれば良いのですが、来年に持ち越すと忘れそうなので、申請書請求しました。

もう少しで「SFC」保有者になります。
目標達成かな。やったね。

それではまた。


Posted from for iPad

2017年夏休み 初日 ②

 2017-08-09
機内搭乗は少し遅れるようです。

プレミアムエコノミーで優先搭乗ができるか、念の為確認。
もちろん優先搭乗できるとのこと。
搭乗が始まりそうなので、優先搭乗の列に並びます。


長いボーディングブリッジを歩いて機上の人となりました。

席は前に壁があるバジェットシートの窓側の席。
お隣がいても広いので移動がしやすい席です。


ここ数日の睡眠不足の為、乗り込んでからすぐ寝込んだようです。
途中、うっすらと美味しい匂いがして食事タイムだと気付きましたが、また寝てしまった。
食事の片付けが終わって一段落した頃に目を覚ましました。

お水の入ったペットボトルが肘掛のテーブルに置いてありました。

お腹も特に空いていないので、水を飲みボーとしていたら
「お食事まだですが、如何なさいますか」と声をかけられました。
さすが日本の飛行機、ANA様です。

せっかくなので頂くことにしました。
頂いた機内食

皆が寝静まった中で頂きました。😋

少し残してしまいましたが、ご馳走様です。

食事後はしばらく、うたた寝。
その後は映画『君の名は』を観ました。ヒットした有名な映画。
名前だけは知っている映画です。
初めてストーリーを知ったよ。

シドニーが近づいてきたので、冬服に着替えます。
(トイレでちゃんと着替えましたよ)

寒がり屋の私、とても寒かったどうしようと不安になっています。

朝食のサンドイッチが配られる頃、太陽が昇ってきます。


オーストラリアの大地だあ‼︎


シドニー国際空港「キングスフォード・スミス空港」
到着しました。

入国審査に向かう途中に「e passport」という、自動出入国システムの機械があります。


パスポートを読み込んでチェックするだけ。
入国審査カードに書いた内容と似た質問にチェックを入れて完了すると紙が出てきます。
質問は日本語です。パスポートで国籍を判断しているみたい。
私はもちろん日本語でした。

入国審査場で、「e passport」の列に並ぶと、確認されて並ぶ列が指示されます。
前の人はたくさん並んでいる列に行かされたけど、私はほんの数人しかいない、離れた列を指示されました。
あっけないほど簡単に通過しました。

機内預入荷物を受取るターンテーブルがわからず、同じ飛行機で到着したらしい人達とウロウロ。
係員に聞くと場所が変わったようです。案内されたターンテーブルの荷物はすでに降ろされていて片隅に並んでいます。

荷物を持って、税関へ向かうが途中で、入国カードを確認する人がいて、カードを渡すと向こうへ行けと指示され、その方向へ行くと到着ロビーへ出ました。
オーストラリアへ入国したようです。
お迎えの方でロビーはごった返してます。

ロビーを出た右側にsimカードを扱っている「Opus」と「Vodafone」があります。
「Opus」が安いようなので、ここでsimカードを購入。

5日間利用で10ドルのタイプです。
1日500MB使えるらしい。
1ヶ月でも500MB程度しか使わない私には十分です。

海外で購入するのは初めてです。
これまで、現地で購入する自信がなかったので、日本で購入できる「GIGSky」を使ってました。

海外で設定は大変ですから、日本語の説明のある「GIGSky」は助かりました。

今回、設定はお店の人がやってくれるとの記事を見かけたので挑戦しました。
購入手続きが済み、スマホを預けると目の前で設定してくれてあっという間に完了。楽々です。(だったはずが、途中で繋がらないことに気がついた)

次は「Opal」カードを買う為、エアポートリンクの乗り場に行きます。

「Opal」カードは、日本のPASMOやSuicaのようなもので、電車やバスの乗降には便利らしい。

到着口から右手側に行くと地下へ降りるエスカレータがありました。
地下にエアポートリンクの改札口があり、改札口手前右側の窓口で、カードが購入できます。
購入するときにいくらチャージするか聞かれます。
チャージ=購入になるみたい。

20ドルチャージしてもらいカードを受け取ります。

購入後は電車には乗らずに、再び到着口へ向かいます。
何故かというと、バスに乗って市内へ行くのです。

空港からの電車賃は高くて18ドル程かかるらしい。
バスと電車の乗り継ぎでは6ドル程。

ホテルのチェックイン時間は午後2時からだし、まだ午前10時もなっていない。慌てる必要はありません。

空港からはエアポートリンクの電車でシドニー市内へ向かうのが楽だが、せっかくの海外。色々試してみましょう。

ということで、バス乗り場に来ました。


続きはまたね。👋

Posted from for iPad

カール・テオドール橋から哲学の道へ

 2017-01-06
2015年ゴールデンウィークのお休みを利用して
ドイツ、フランクフルトへ行ってきました。

2015年5月1日(金) 午後
ふらふらと歩いていたら、カール・テオデール橋に来ていました。

橋にある“カール・テオドール”の石像を写真に収めて
カール・テオドール橋20150501  カール・テオドール橋20150502

ハイデルベルク城の対岸の山の中腹には哲学の道があるとのこと。
橋を渡り対岸へ行ってみます。

カール・テオデールから見た景観
カール・テオドール橋20150503

ハイデルベルクの哲学の道。
その昔ヘーゲルやカントが散策をした道だったことからその名がついたそうです。
ゲーテ、ニーチェなどの偉人も思索をめぐらせながら歩いたらしいです。

哲学の道から旧市街の街並みやハイデルベルク城の眺めが素晴らしいため、思索にふけるというよりも眺めを楽しむ人たちが歩いていきます。

橋の向う側へ渡り、↓の標識の左に小道があり、急な坂道を登っていきます。
哲学の道1

雨も止んでいるので、この後、頑張って上まで登りました。
哲学の道2  哲学の道3

急な坂道、きつかったのですが、対岸がよく見えます。
哲学の道5
哲学の道6
この後、雨が再び降ってきそうな気がして、登ってきた道を今度は下ります。
雨が降った後なので、滑りそうになります。

日が暮れる前に帰りたいので、旧市街地を探索しつつ
ハイデルベルク駅へ向かいます。
すぐ着くだろうと思っていたら、遠かった。
迷いながら20分以上歩き、くたくたです。

↓このオブジェの右手に駅がありました。
哲学の道7
フランクフルトへ戻る電車に乗ります。後はホテルへ戻るだけです。

それでは 

明けましておめでとうございます。

 2017-01-02
一昨年のGWのドイツ旅記、持ち越してしまいましたが (⌒-⌒; )
何とか書き上げていきます。
今年も宜しくお願い申し上げます。



Posted from するぷろ for iPad .,
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫